オールブランのお話

f:id:K-granola:20130821172735j:plain

小麦ふすまについて
と言うわけで、今日は昨日お話しさせて頂いた

“ブラン”についてのお話( ..)φメモメモ

と申しましても、

まだまだそんなに詳しくお話しできるほど

“グラノーラ博士”の称号には程遠いですが、

私が参考にさせて頂いた記事を記載させて頂きますね(^-^)

“ブラン”というのは日本名を“小麦ふすま”というものだそうで、

小麦の製粉工程で取り除かれる「小麦の皮」の部分を「ふすま」といい、

この部分はお米でいうと「米ぬか」に相当します。

小麦は胚乳(85%)、表皮(13%)、胚芽(2%)の

3つの部分からできています。

小麦粉はこの中の胚乳部分を取り出したもので、

製粉工程で小麦粉にならない表皮及び胚芽部分が小麦ふすまとして処理されます。

小麦ふすまの主要成分はセルロース

ヘミセルロースといった不溶性食物繊維ですが、

これ以外にも鉄分、カルシウム、マグネシウム亜鉛、銅などの

ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。

このように小麦ふすまには現代の食生活に欠かせない栄養素が

ふんだんに含まれているので、私たちにとっては理想的な食材ですが、

従来は一部健康食品を除き、食用に利用されることはほとんどありませんでした。

その理由は小麦ふすまを小麦粉に入れることによる食味の低下です。

つまりふすまを入れるとパサついたり、喉がイガイガしたり、

また大味になったりして、単純に美味しくないと感じることが多いようです。

そのため現在のところ、小麦ふすまは専ら牛、豚など家畜の

飼料として利用されています。

*1
http://www.flour.co.jp/07_brour/brour1.html

 

と、いささか私には理解できない言葉がつらつらと並んでいて

(´ヘ`;)ウーム…

となってしまいがちですが、いわゆる食物繊維たっぷりで、

ケロッグさんのオールブランは、そんなブランを美味しい健康食品に

仕上げておられて、私の体質にすごくフィットしてたから、

お腹の調子が“絶好調!!!”になったのかもしれませんね!(^^)!

学説によっては、そういった効果はないという説もあるようなので、

(´ヘ`;)ウーム…な私には難しい話ですが、

私にはバッチリフィットということで、

気になる方がおられれば一度お試しになられてみても良いかもしれませんね(^_^)/~

*1:参照元 : 木下製粉株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です