カゴメ GREENSの売行きで今後の健食市場を想像する

f:id:K-granola:20151027172021j:plain

 

カゴメ GREENSを飲んでみた

とまぁ、大袈裟なタイトルを書いてみましたが、近頃話題になっていたカゴメのGREENSを飲んでみた。最近流行りのジューススタンドの様に新鮮な野菜や果物をそのまま味わえる。というようなのが売りのようで、プロモーションも兼ねて表参道で直営店もオープンしているらしい。今のところ1都3県のみの展開であるが、どのようになるのか気になるところである。

 

GREENS

売価:183円

容量: 210ml

原材料名: にんじん、果実(りんご、グレープフルーツ、パインアップル、レモン)、グレープフルーツ果実繊維

 

https://instagram.com/p/9VW276w632/

Instagram

 

3つの気になる所

ただのミックスジュースでしょ?と言ってしまえばそれまでですが、個人的に気になる点がある。それは、以下3点

・添加物不使用

・賞味期限極小

・訴求点なし

 

添加物不使用

ネット販売が一般に普及してきた中で添加物不使用のものは多いが、カゴメの様な大手メーカーで一切の添加物を使っていないというのはかなり珍しい気がする。添加物を入れないというのは、入れなきゃいいと簡単なように思えるが、大手メーカーとしてマーケティングという目的も強いのだと思うが、昨今の機能性信仰とは違ったアプローチで、このような商品がどのように認知されるのは非常に気になるところである。

 

賞味期限極小

個人的に一番驚いたのが賞味期限。鮮度が命ということで最大で16日。量販品としてこの設定はなかなか大変である。在庫リスクを減らすためと今後のマーケティング要素としての展開なのだろうとは思うが、添加物不使用、ペットボトル販売ということを考えるとこうならざる負えないが、16日というのは営業さんも大変だろうなぁ…なんて、どうでも良いことを思う。

 

訴求点なし

もちろん訴求点はある。それは上に上げた添加物不使用や鮮度なのだろう。ただ、正直言ってそのような商品はざらにある。むしろプラスαとして、厳選素材やクレンジングなど別付加価値商材が並ぶ中で強みといえるところがあるとは思えない。ただ、ユーザーがそこまで気にしているのかというのは、個人的に非常に気になる。あくまでマス向けの商品、一般消費者の思考というのは予想外に動くこともある。

 

感想

以上が個人的に気になるところだ。私が買ったコンビニでは、野菜ジュースなどと同様のメインの位置というわけでもなく、棚の少し上の方でかなり気づきにくい&取りにくい。価格も183円と安いとはいえないし、機能性訴求の商品というわけでもないから扱いに困っている感がした。

ただ、このようなぶっちゃけ中途半端な商品がウケるとすると、色々考えられることがあるように思うので動向には注目したい。どのような結果になるのかはわからないが、個人的には現状のような中途半端な状態ではなく、一段目を終えてマーケティング結果を分析した後の二段目にどういうものが出るのかに注目したい。だから、営業さんもっと頑張って。

が、大手でそこまで冒険することはなかなか出来ないんだろうな〜なんて思う。

 

ただ、サイトや展開はかっこいいな〜なんて思う。こんな予算が私にもあったら。。。

 

www.kagome.co.jp

 

 

 

カゴメ GREENSの売行きで今後の健食市場を想像する” への4件のフィードバック

  1. siihu 返信する

    世の中なにが流行るのか分かんないですからね( ・`ω・´)
    一時期3D映画の影響で3D立体視が流行りまくって携帯ゲーム機にも取り入れられましたが、一時的な流行りだったせいで今はただのおまけ程度の要らない機能になっちゃってほとんど使ってないので本当に流行りっていうものは分からないです(´・ω・`)

  2. ricoteas 返信する

    いや~、ほんとにこの内容なんだったら、
    低価格過ぎ、
    と感じてましたけど。

  3. K-granola 返信する

    シーフさん
    それがわかるとよいんですけどね〜( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー
    3Dといえば来年からのVRは結構期待してます(´∀`*)ウフフ

  4. K-granola 返信する

    リコさん
    そうなんですね!外国におすまいというのもあるのでしょうか?気を使っておられる方からすると安いのかなぁ〜(´ε`;)ウーン…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です