映画『バンクシー ダズ ニューヨーク』みた

f:id:K-granola:20160419121559j:image
製作者さんバンクシー好きすぎじゃね?
バンクシーの映画というと『イグジットスルーザギフトショップ』が個人的にはツボ過ぎて大好きなのですが、こちらは…。
作品自体はやっぱりどれも示唆に富んでてわかりやすいのでクスクスとはなるのですが、クスクスをずずず〜っと、並べられても「う〜ん…。」となるのが正直なところですね。
映画自体はバンクシーが1ヶ月ニューヨークに滞在し、毎日アートを発表するという企画で、一攫千金や売名を求めて群がる人たちや、バンクシーファンが街に隠れた期間限定のバンクシー作品をワキャワキャ探し回るというそれだけなわけです。
イグジットスルーザギフトショップは、悪い言い方をするとすべての人を中傷する様な作品であるんけですが、その中傷の仕方が非常にうまい!
バンクシーが個人なのか、グループなのかはわかりませんが、そんな事はどうでもよくなるぐらいバンクシーの事が好きになる映画。レンタルもあんまりない様なので、なかなか見つけにくいかもしれませんが、ご興味お持ちの方はぜひぜひご覧くださいませ〜

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]

イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ [DVD]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です