映画『シビルウォー・キャプテン・アメリカ』マーベルは単発で観るもんではありませんね

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/r/rororororo/20160502/20160502002139.jpg?w=800

 

シビルウォー=内戦

 

マーベルシリーズは映画としては最適なエンターテイメント作品なので、基本的にはず〜っと見ています。見るたびに、やや半笑い感を覚えつつも、その男の子的高揚感は独特のもので、今回もヒーロー大合戦的全員集合バトルはやっぱり半笑いになっておりました。

 

で、今回の『シビル・ウォー』ですが、毎年毎年繰り返されるマーベルヒーローモノということで、私のような人間は別として、たま〜に映画を観るぐらいの方々からすると、『わざわざ映画館で見なくても良いかな。ww』のような意見が多いように思います。その気持ち少しわかります。

 

でも、考え方によっちゃアクションは上がるし、ストーリー展開としてそう来るんだ〜。と、次回以降も永遠に続いてほしい。ドラゴンボールはいい加減引っ張りすぎだろ感が半端ないですが、アイアンマンを筆頭にスーパーヒーローたちに会えなくなるのは寂しいよ(つд⊂)エーン という私のような人間にとっては、今作のみという評価軸ではなく、マーベルシリーズの1つという見方が生まれるわけです。

 

と、前置きが長くなりましたが、そういうわけで『シビルウォー』“内戦”というタイトルが示すような、アメリカ合衆国を象徴する内容は、かつて絶対正義、勧善懲悪ばかりが描かれていたアメリカの“今”を描いていて、時代は変わるもんだな〜という感覚で見る分にはなにか感じ入るものもあったりするのですが、マーベルも映画(アメリカ)もそこまで興味が無い人にとってはあんまりおもしろくないのかなぁ…という気がします。

 

内容に関しては、タイトルが示す通りの内容だし、そこを書くとネタバレになってしまうのでこれ以上は言えないですが、個人的には次回どうすんだよ!?次回はあんのかよ!?トニー・スタークにはまた会えるのかよ!?というように次回作への強い期待を抱く作品だったので、まぁ、そこそこは満足よ(´∀`*)ウフフ というのが感想です。

 

今回はIMAXで観たので、2D上映がよいかどうかはわかりませんが、ストーリー重視の人にとっては2Dでもよいかなという感じもしますが、アクションをガッツリ見たい!という方にはIMAXをオススメします。という印象でございます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です