オススメ映画監督“原恵一”作品は見逃しちゃ損

f:id:K-granola:20160509204604j:image

2日に1回更新にしても流石に連日新作レビューというのは難しいので、昔見た作品を記憶の中でレビューしていこうと思います。

という事で記念すべき第1回リバイバル作品は、『クレヨンしんちゃん 戦国大合戦』。新作の時も述べましたが『クレヨンしんちゃん』!ていうと、大概『(; ・´ω・`)えっ』っていう顔されます。
しかしながらこの映画は、その出来の良さから実写化までされたって言うんだから、その出来の良さは太鼓判です!その実写版はクソだったそうですが(;´Д`)
特に監督とかとかに詳しい訳では無いですが、この作品を作ったのは、原恵一という監督でこの監督の作品は本当にどれも傑作です。『はじまりのみち』という作品以外はすべてアニメですが、『カラフル』や『河童のクウの夏休み』など、個人的には『おおかみこども』の細田守監督よりも好きです。
細田守監督はあれだけ有名なのに、原恵一監督が多くの人に知られていないというのは、ある種『クレヨンしんちゃん』のジレンマなのか…。と、思わざるおえません。
と、まったくもって『クレヨンしんちゃん
戦国大合戦』の話は述べてなかったので、今日はそういう日という事にして幕を閉じようと思います。
原恵一監督の最新作で言うと『百日紅』という葛飾北斎の娘が主人公の作品がありましたが、こちらもなかなかに良い作品でした。が、何よりも私は原恵一監督の『クレヨンしんちゃん』が何よりも見たい!
クレヨンしんちゃんの新作が出る度に監督欄を確認し、『は〜…。』とため息をついてしまうぐらい期待している訳ですが、恐らくその機会はもうないんだろうなぁなんて思いながらも期待するわけです。
というぐらい、素晴らしい映画監督“原恵一”。クレヨンしんちゃんに対して『(; ・´ω・`)』って顔をするならするでいいけども、それならせめて『カラフル』とか『はじまりのみち』は見た方がいいと思うよ。きっと心があらわれるから。
なんて、くさいことを思うくらい素晴らしい映画監督です。是非一度、ご視聴くださいませ〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です