映画『殿、利息でござる』純粋さとかなのかなぁ

f:id:K-granola:20160517233138j:image

確かにいい映画なんだとは思うよ。実話だそうだし…。

数年前に大好評だった『永遠の0』。個人的には全くはまらなくて、3時間の長さを当時ミニシアターロングランが続いていた『きっと、うまくいく』と比較していた事に、世間とのギャップを感じたのだが、まさにこの映画もそう。

いやぁ、いい映画というかいい話なんだと思うよ。実話だし…。って、こんな私は天邪鬼なのだろうか?同行者の感想やレビューを見て、高評価の理由はわかる。わかる。わかるよ、わかるんだけどさ〜。
と、きっとそんな私とは違い多分多くの人にはヒットするんだと思う。なんせ私は『悪の法則』とか、『ハウスオブカード』とかに感動するタイプだから。
見に行く基準としては、邦画時代劇系が好きな人やそれこそ『永遠の0』が好きな人にはばっちりハマるんだと思います。
ただし、私の様に『悪の法則』とか『ノーカントリー』が好きとか言っちゃうような奴には全くはまらないと思いますので、そういう感じで観るのを決めると良いと思います。
なんだろ、なんかやるせなくなっちゃうな…

映画『殿、利息でござる』純粋さとかなのかなぁ” への2件のフィードバック

  1. glasstruct 返信する

    私もそっち派かも!「普通にいい話」ってどう思えばいいのかよく分からない(別に誰にも感想求められていないけどさー)それでクセがあったり変な話だったりする映画の方が好き。

  2. K-granola 返信する

    pocoさんはこっち派だと信じてます!・:*+.(( °ω° ))/.:+
    いい話も良いんですがねぇ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です