映画『ローグワン/ スターウォーズストーリー』は『宇宙戦争』映画

https://i0.wp.com/www.disney.co.jp/content/dam/starwars/movie/r1/ogp/ogp_r1_01.jpg?w=800

ローグワンはスター・ウォーズに思い入れがない人向け

過去最高傑作という呼び声もある『ローグワン/ スター・ウォーズストーリー』を観てきました。個人的にはスター・ウォーズにそんなに思い入れがないので、とても面白い映画でした!という感想です。ところどころ気になるところもありましたが、映像やアクションが非常に重厚で、どちらかというと戦争映画という印象でした。

 

ローグワンはシリーズ最高傑作

スター・ウォーズに思い入れのある人からしたら、私のような人間は「おんどりゃー○(#゚Д゚)=(  #)≡○)Д`)・∴’.」とパンチされてしまいそうな存在なのかもしれませんが、個人的にはシリーズ内では一番好きかも。その理由は、スター・ウォーズってどちらかというとエンタメとしてかる〜い映画で、サクッと観るような映画という位置づけだったので、これまでのものってそんなに好きなわけでもないんですよ。

これは、リアルタイムで劇場で見ていたわけでなく、幼少時にTVで観ていたという記憶が強いからだと思う。コアのファンの方たちのように劇場で、当時最先端の映像美や世界観というインパクトがないので、きっとここがスター・ウォーズファンとそれ以外の境界になってるんだと思うのですよ。

 

そんな人間からしたら、アクションシーン(戦争シーン)が結構濃い目に描かれた本作は観ていて大迫力。時折差し込まれるベイダーなどのアゲアゲポイントが間に挟まるから、ミーハー心はそそられる。そういう意味で、にわかファンにはきっとシリーズ最高傑作。

 

スター・ウォーズは世界観が売り

よくいわれる表現としてスター・ウォーズスペースオペラという様に評されます。これもファンとにわかの境界で、ファンはやっぱりキャラや世界観に対して評価をし、にわかは迫力や納得感を評価するわけです。だから、ファンはあくまでもスピンオフ作品という見方をして、にわかは最高傑作という見方をするのだと思うのですよ。

 

あくまでもスピンオフ、スター・ウォーズではない

と、偉そうな言い方をしましたが、結局のところスター・ウォーズシリーズのような長いストーリーがあるわけではなく、前も後も出来上がってるから世界観がそれ以上広がらない。だから観ていて想像もできない遠大な世界観が繰り広げられるのではなく、納得の範囲内で終わるから、映画としては最高傑作だと思うけど、世界観としてはちょっと物足りない。

 

で、どうなの?

ということなんですが、個人的には映画として観るには今見ていてそんはないし、普通にしっかり面白い。けど、スター・ウォーズの世界観という未知のものに対する期待もあって、、、。という、この監督を任されたギャレスウイリアムスもきっと複雑だったんだろうなぁと思いつつ、スター・ウォーズがルーカスから離れた時点で良くも悪くも今後は整合性と映画性が整った映画シリーズになっていくんだろうなという感を覚えました。

 

いや、普通にいい映画だと思うのですよ。

 

starwars.disney.co.jp

 

映画『ローグワン/ スターウォーズストーリー』は『宇宙戦争』映画” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です