フルーツグラノーラを製品化するのはとても大変

http://instagram.com/p/lxIXsxw61A/

Instagram

忙しすぎて、というより本気でグラノーラの製造計画を実行していたら、ブログを書いている時間がなくなってしまいました。ただいま、2つのオーブンフル稼働です(`・ω・´)ゞ

 

ただ、前途は多難というよりも、風前の灯火状態であります(`・ω・´)ゞ でも、いけるところまで行ってみようと思っております(`・ω・´)ゞ

 

ちなみに方向性は2点に絞られました!

1.前回までのお話通り“業務用”を目指す

2.少量生産で行く

 

1.前回までのお話通り“業務用”を目指す

こちらに関しては、昨日OEM(製造委託)の工場が見つかったので伺ってきました。ただ、最小ロットが300kg。300gのグラノーラ1000個分です(`・ω・´)ゞ こいつはさすがに厳しいです(`・ω・´)ゞ しかもそれでもコストを考えると、専門店グラノーラよりは安くはできるけど。。。という感じです(`・ω・´)ゞ 参りました(`・ω・´)ゞ

 

2.少量生産で行く

やっぱり少量生産で個人売買から始めようと検討しておりますが、この方法で行く場合は、費用的に製造委託は不可能です。極力製造コストを抑えられる方法を検討しておりますが、その可能性は0に等しい状況であります(`・ω・´)ゞ やるとすると、どこかの企業に入って作るのがベターであります(`・ω・´)ゞ 中間マージンなんかが入ると、価格的に売り物にならないからです(`・ω・´)ゞ 

ただ、ひとつだけ可能性があるとすると、オーブンを貸してくれる所があれば何とかなるか。。。と考えております(`・ω・´)ゞ パン屋さんなどでもし、営業時間外や、営業の合間にオーブンを貸してくれる所があれば(勿論、多少の費用は負担します(`・ω・´)ゞ)コストも抑え作ることが出来るのではないかと考えております(`・ω・´)ゞ

 

以上、現場からの報告でした(`・ω・´)ゞ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です