フルーツグラノーラプレゼントキャンペーン グラノーラが無料で食べられるとしたら食べたいですか?

と、昨日は通販ページを作ったは良いが、さすがに確実に出来るかどうかわかっていない段階で代金を頂く度胸はなかったので、売切れにしていたのですが、何名かの方は購入しようと考えてくださっていたようで、不徳の致すところであります。。。ただ、奇特にも購入を検討してくださる方がおられるからには、もっと色々真剣に考えないといけないな。ということで、改めて、通販サイトを作った目的を考えてみようと思います。

===========================================================

グラノーラ開発日記 通販始めます!  – グラノーラ開発日記 素敵な朝のために

===========================================================

 

http://instagram.com/p/ka7Z4CQ60y/

納豆グラノーラこれはぜひにも製品化したい

 

目的

・食べてもらいたい

・製造先の開拓

・販路開拓

・不埒な輩の淘汰

価格設定に関して

まず、内部事情をぶっちゃけていくと、価格設定に関しては正直言ってまだ決まっていません。ただ専門店の価格傾向を考えていくと、200g ¥1000前後が妥当かとは思っております。(ただ、メープルシロップベースははちみつベースよりも高いんです(つд⊂)エーン と先に言い訳をかましておきます。)でも、まだお店を作ってるわけじゃないし、かつ、商売には成り得ない状況なんだから、むしろここは、広告費的にバラ撒いて、話題性をあげられないかなぁ。なんて。

ということで、一人で考えていてもラチが上がらないので、ここはみなさんにご意見を頂戴できればと思っております☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

とりあえずこんなこと出来ないかなぁ。。。ッて思ってたのは。

・トマト祭り的にレビュー日の設定をしてばら撒き

・幻のグラノーラとして、1日1~3個単位で販売

・健康系の著名人に無差別発送

などなど

http://instagram.com/p/ki8Sq1Q60_/

こういうなのね

 

 

グラノーラ開発日記を続ける方法

でも、購入してくださる方がどれぐらいいるのかもわからない状況で、こんなこといってもただの理想でしかないので、できることの前に絶対的に必要なのは、段階として考えると、

1.認知 ブログに来てもらう

2.興味 グラノーラを試してもらう

3.行動 私のグラノーラを食べてもらう

4.虜   私のグラノーラの虜になってもらう

段階的に考えてみると、ビジネスとして稼働するのは4の段階までこないとどうしようもないわけだ。現状購入を考えてくださっている方々は、3の段階までと考えられるわけだけど、圧倒的に少ないと考えられる(だからこそ、その数を明確に知るためにページを作ったというのもあるんだけど。。。)

もちろん1の段階から、販売を平行して行えるのが理想ではあるが、現状の状況、製造設備がない、資本がない、販路がない状況だから、極力リスクを取らない方法で考えると、1~3までの予算を抑えつつ効果を最大化させるか。なんて、偉そうな言い方だけど、実際はどの企業もやろうとしてる方法なわけで、そんなことが出来れば、誰も苦労しないわけで。。。

 

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 600g

日清シスコ ごろっと果実のグラノーラ 600g

 

 これも早く食べないとな~。

 

無料配布 or 有料販売

と、何が言いたかったかというと、要するに、現状、ビジネスにもならない応急処置的売上確保の為に価格設定を競合他社と同等で設定するのか、それよりも新規の方へのPR効果を期待して、ここは以前から言っているように、有志の方を募集してブログやSNSなどでの拡散を条件に、送料着払いの実質無料で販路及び製造先の開拓に自己資金を投資するのかのどっちが良いかなぁっと思ってるわけです。(宣伝できない方は他の方法でも良いですよ。例えば、自社で扱ってみたいとかでも)

無料配布のメリット・デメリット
ただ、無料配布のメリットは広まる可能性もあるけど、デメリットとすればやっぱり“無料”での授受。そこに対するコミット量(造語)のようなものが少なくなる気がする。また、当然タダ乗り客が増える(ニコニコなどで炎上させてるのはタダ乗り客がほとんどのように)。

有料販売のメリット・デメリット
メリットとしては購入してくれる方は“本気”。もちろん、読者の方々は若干遠慮される傾向があると考えられるが、無料に比べるとコミット量は高い気がする。当然、こちらも真摯に受け止める。ただ、購入してくださる方は恐らく減る(無料でも送料かかるから注文してくれるかなぁ。。。)

現状アクセス状況

ここまで考えてみると、まず有料の場合、買ってくれる可能性のある方はたぶん既存読者の方がほとんど、これまでのブログ読者の推移をみると、新規と既存ユーザー率はほぼ一緒。1日のユニークユーザーが500人前後。ここ2~3ヶ月はこの状態。+ここ1ヶ月はグノシーなどからの流入、はてブの流入もほぼなし(ブクマがつかなくなった(つд⊂)エーン)

結論

ということを考えると、新規ユーザーがやっぱり少ない。ここはまず、販売どうこうの前に通販サイトがあること、販売してることを知ってもらうことが第一であると考える。

というわけで、方法としては、1~2週間程度の無料期間を設け、その期間中は拡散及び商材検討(サンプルとして)を条件に無料配布(送料負担)。その後は、予約販売という感じで考えていこうと思います。でも、無料期間終了後も、拡散及び商材検討を前向きにご検討頂ける場合は、少量を条件に無料配布しても良いかな~なんて思ってますが、どうでしょうかね?みなさまからのご意見お待ちしてま~すv(´∀`*v)ピース

 

無料配布予約期間終了後、◯月◯日にレビューアップとかを皆さんにお願いできればバズらせる可能性もあるかな~なんて思ってるんですが、そんなことすると自警団の方にやられそうな気もしちゃうなぁ。。。|д゚)チラッ でも、やってみたいなぁ。。。なんて思ってるんですけど♪~( ̄ε ̄;) やっぱダメかなぁ(/ω・\)チラッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です