メープルシロップとは?グラノーラにはやっぱりメープルシロップ

http://www.flickr.com/photos/35311521@N00/8836259276

photo by gfred

 

メープルシロップとは?

 いろんな材料を試している中で、昔から愛を語り合ってきたメープルシロップ。そりゃね、何度か浮気したこともあったけど、やっぱり最後はメープルシロップ、あなたが良かったんだよ。(´∀`*)ウフフ

 と、いうことでメープルシロップについて調べてみました!

メープルシロップ (maple syrup) は、サトウカエデなどの樹液を濃縮した甘味料。独特の風味があり、ホットケーキワッフルにかけたり、菓子の原料として用いられる。

※wikipediaより 

 

http://www.flickr.com/photos/34912142@N03/5446345665

photo by Chiot’s Run

 サトウカエデにスコップのような蛇口を付けて抽出し、加熱濃縮させて出来上がるのがメープルシロップ。要は樹液そのものです。シロップというと他の糖類などが含まれているような気がしますが、原則的にメープルシロップは楓の樹液100%、100%じゃないものもメープルシロップと言われるぐらい、日本では規制がないそうですが、だいたい市販されているものは100%のものだと思います。(私はみかけたことがない)

 

メープルシロップはピンきり?

 メープルシロップ好きの方の中には市販のもので、価格がピンきりなのに疑問を持ったことがある方もおられると思います。樹液100%で値段がピンきりということは、良い木、悪い木など違いがあるのでしょうか?

 実際のところ木には大きな違いはないそうです。というよりも自然に自生しているものなので、人間と一緒でどの樹液(どの血液)が良いも悪いもわからないしないようですね。ブランド血液とかあったらこわい。。。((((;゚Д゚))ガクガクブルブル

 

メープルシロップの等級

https://i1.wp.com/shopping.c.yimg.jp/lib/canadianselect/maplesyrup_top.jpg?w=800

 とはいっても、生産量やメーカーの取扱量によってそこまで大きくはないですが価格に差は出ます。それが価格の差?というわけではなくて、メープルシロップには“等級”というものがあります。基本的にはこの等級に価格の差が出ます。

その等級は、

エキストラ・ライト

ライト

ミディアム

アンバー

ダーク

 エキストラライトが一番高価で、下に行くに従い色と風味が変わっていきます。エキストラライトが一番軽く明るい、ダークが濃厚で色も濃い。しかしながら、栄養成分が違うというわけではなく、お茶の“初摘”と“二番茶”、三番茶の様な違いだそうです。味の濃度が違うので、調理法によって種類が使い分けられます。

 日本のお菓子では、アンバーが使われることが多く、メープルシロップの味というとアンバーという印象が強いですね。(´∀`*)ウフフ 濃厚だから後味がまったりしてます。エキストラライトは口どけがさっぱりしているので、アンバーやハチミツを食べなれてる人には少し物足りないのかなぁ…

 

エミコット メープルシロップNo.1 エキストラライト 250ml

エミコット メープルシロップNo.1 エキストラライト 250ml

 

 

メープルタイプとは?

 しかし、等級の違いだけでなく劇的に価格が違うものがあります!初期の頃からの読者さんであれば覚えておられる方もおられるかもしれませんが、市販のものの中には“メープルシロップタイプ”という輩も混ざっています。こいつがなかなかの厄介者です。その昔、私も騙されましたよ。┐(´∀`)┌ヤレヤレ 

 その名の通り、きゃつはメープルではありません!香料と糖質でアレンジしたマガイモノです!( ー`дー´)キリッ と、そこまで言わなくてもいい気がしますが、彼奴で作ったグラノーラはそれはそれは、、、というと大げさですが、やっぱりどこか工業品臭がするのと何よりも、私が大事にしている“本物のメープルさん”だけがもつ、包容力、そう!サクサクの食感を創りだすのに、なんの貢献もできないのです!m9っ`Д´) ビシッ!!

でも、安いんだよね~。ヽ(´Д`;)ノアゥア…

 

森永 ケーキシロップ メープルタイプ 200g

森永 ケーキシロップ メープルタイプ 200g

 

 

メープルシロップの栄養価

 と、そんなメープルシロップを使う理由は、以前から言っている様に仕上がりの食感の違いもありますが、もうひとつ個人的に大事な要素としてあるのは、その栄養価です。( ー`дー´)キリッ

カロリーや糖質がはちみつや他の糖質に比べて低いのはもちろんですが、特出する点としてよくあげられるのは、

カルシウムがはちみつの30倍、低GIで血圧の上昇が緩やか(シロップ類の中では)、アンチエイジングに良いとされる54種類のポリフェノール(中の4種はメープルシロップしかない)

などの効果があるんですね。(´∀`*)ウフフ 美容に興味のある私にはもってこいだわ。`,、(‘∀`) ‘`,、 なんて、正直全く興味ありませんけどね!(ΦωΦ)フフフ…

 

なんて、冗談はおいておいて、私がメープルシロップにこだわってきたのには、色々とわけがあったわけです。(´∀`*)ウフフ(完全に後付け(;´∀`))

メープルシロップはなぜ高い?

 最後にそんな美味しくて栄養価が高いメープルシロップですが、やっぱり高いです。(つд⊂)エーン でも、その理由はやっぱりあって世界の生産量の85%がカナダ産。カナダのような気候条件がなかなかないのと、自然のものであることと、あくまで樹木。大量に作り続けることが出来ないわけです。

 もちろん、高価故に比較的安価なハチミツに味が近いこともあり、国内輸入量もやっぱり少ない。結果的に価格も。。。という色んな理由があるわけです。

 

でも、良いものだからもったいないな~と思いつつ、せっかくだから私が“メープルシロップの伝道師”にでもなってやろうかしら。(´∀`*)ウフフ というわけで、メープルシロップ取り扱いの企業さん!一緒にグラノーラ作りませんか~(´∀`*)ノシ 

 

と、最後はいつもの業務用ブログネタで締めてみました。ご興味お持ちの方は、ぜひ一度お試しくださいませ~。

 

エミコット メープルシロップNo.1 ライト 125ml

エミコット メープルシロップNo.1 ライト 125ml

 

 最近好きなエミコット社のメープルシロップ。でも、ちょっと高すぎる。。。

 


メープルシロップを使った場合の食感についてはこちらから

 

 

メープルシロップとは?グラノーラにはやっぱりメープルシロップ” への6件のフィードバック

  1. ricoteas 返信する

    メープルシロップですねー。 
    これから雪が降って凍結すると、外でその凍結した氷に穴を開けてそこでメープルシロップキャンディーを作ります。
    それだなー、これからの時期の愉しみは。
    おっ、そこにざくざくっとグラノーラを混ぜ込んでもいいかな。

  2. Yuri-La0x7z 返信する

    あ~森永のケーキシロップ、その昔プチホットケーキ食べる時にかけてましたなぁ~。あやつが「メープルシロップタイプ」という物ですね!
    メープルシロップの等級、初めて聞きました。グラっちさん博学~( ^∀^)

  3. K-granola 返信する

    リコさん
    へぇ~それは素敵なことですね。(´∀`*)ウフフ
    その時、その瞬間にしか食べられないもの、
    メープルシロップシャーベットにグラノーラを加えて。。。
    考えただけでメルヘンですね~゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.

  4. K-granola 返信する

    ゆりらさん
    私もこれをみて、森永お前もか!?って、気分になっちゃいましたよ(;´∀`)
    そう考えてみると、グラノーラを食べるまで、本物のメープルシロップなんて食べたことなかったんだな…って、思いました。^^;

  5. siihu 返信する

    あの有名な配管工事の深紅のおじさんのRPGゲームでもメイプルシロップは技ポイントを回復させる重要アイテムでしたからね(キリッ
    リアルメープルにもなにかのポイントを回復させる効果があるとしか思えないです(´~`)モグモグ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です