人間はあまり失笑には耐えられないようだ。。。

 

 

 

 

ある人が言いました。

「人間振り幅が重要だ。」

と、よく人を表す言葉として、「器」が使われますね。

おちょこのようなやろうだ。( `д´) ケッ!

とか、おちょこの裏のようなやろうだ。。(・д・)チッ

とか、おちょこの裏の裏のようなやろうだ。。。

( ´Α`)ウゼーそれは表ね。。。

 

というのは置いておいて、、、

ボケが浮かばなかっただけです。

 

様々なものに基準があるのは、

そのコミュニティにいる上で一番ベターな方法で、

それが倫理とか道徳とか、普通とか当たり前とかという型枠を作り出し、

その型枠からはみ出すものは削り落とされます。※いわゆるバリ処理。

 


木彫り看板のバリ取り – YouTube

ちょっと違いますけど、気になる奴の除去ですね。

技術はその領域(コミュニティ)内で研磨され、

より想定通りの理想の形になるように磨かれ続けます。

その磨く難易度や、研磨にかかる時間に島国日本で暮らす私達日本人は、

人生観を照らしあわせてきたように思います。

 

より理想の形に、より狂いがないようにと、

型の痕跡であるバリは、全校集会ではみ出る足のように、

生活指導の黒光り先生に蹴り上げられます。

 

ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;’

痛いよ。。。言ってくれたら戻すよ。。。(;Д;)

 

有名な話で言えば、ジョブズのバリや型後に関する処理の執着は

すごいものだったと言われますが、そういう話で言えば日本の職人さんの、

執着はそれをはるかに凌駕するもの(比べる話ではないですが。)のように思いますね。

 

木の乾燥を見越した処理とかこだわりとか、

彼らからしたら当たり前の話なんだろうけど、

やっぱりそういうのに惹かれるのが、人間てものじゃないですか、

あえて言うと、“無駄”へのこだわり?的なね。

 


桶の修復作業 その9 (桶の底ぐり) – YouTube

 

と、そう考えるとジョブズジョブズというのも良いけど、

個人的には、

「どこどこの◯◯さんのあの技!知ってる?」

「触ってみて初めてわかるあのカーブ。いいよねぇ〜。」

的な。

 

カーブといえば、個人的には成田亨さんのウルトラマンのヒップライン。

もうほっぺをすりすりすりっすっりってぐらいしたくなっちゃいますよねぇ。

https://i2.wp.com/www.1999.co.jp/itbig05/10051295a5.jpg?w=800

円谷飛行形態シリーズ Vol.1 ウルトラマン B-Type(完成品) 商品画像5

 

画像が違う気がする(´;ω;`)ウッ…

本物はもっとセクシーなのぉぉ。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。ウァァァン

 

でも、この人の作品クオリティは半端じゃ無いです!

個人的にはスタルク?( `д´) ケッ!

って、思う。個人的にはですよ。。。

https://i0.wp.com/bp.cocolog-nifty.com/bp/imageart/narita_tooru_2.jpg?w=800

 

( ゚д゚)ハッ!

いかんいかん、話がズレてっちゃう。

と、冷静さを取り戻して、

本来なら様々な技術に関しては、技術大国日本というのは、

恐らく世界的に認められてたのかなぁ。。。と思うので、

今の状況に対してもどかしい気持ちをお持ちの方は多くおられると思います。

 

と、そんな技術への賞賛が言いたかったのではなくて、

ジョブズが素晴らしかったのは、そこにいわゆるイノベーションの連続を持込、

「次のものはそのすべてが入っている。」映画【jobs】より


映画『スティーブ・ジョブズ』予告編 – YouTube

 

みたいなセリフがあった気がする。

気のせいかもしれない。。。

アイブが超いい子なの(・∀・)イイ!!

 

 

で、よく言われる言い方をすると「破壊と再生」ではなく、

「破壊からの創造」という言葉が個人的にはグッと来るわけです。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ってね。

 

 

って、関係ない(´・ω`・)エッ?

話の収集がつかなくなってきたぞ

(;・∀・)ハッ?

 

 

┐(´д`)┌ヤレヤレ

 

どうすんの?

どうすんの!?

どうすんのよ!?

どぅぅぅぅおりゃぁぁぁぁぁ!!

みたいなね。

キレちゃダメよ。

まぁ、こういう時の対応に「器」が問われるわけですねぇ。

と、何の話かわからなくなってきましたが、

一回の記事でエントリーでまとめられるほどの文才がなかったことを再確認し、

次回は、で、「人間振り幅が重要だ。」

という話に戻れればなぁ。。。

戻れるかなぁ。。。

 

と、たまには、ものづくりの姿勢に関して、

それなりに真摯にいるつもりなんですよ。

(||´Д`)o=3=3=3 ゴホゴホ

 

|д゚)チラッ

 

( >д<)、;’.・ ィクシッ

 

( ´З`)=3 ゲップ

 

と、おちょこの裏のような器代表の私としては、

ここまで引っ張っておいて、本当にまとめられるのか。(;・∀・)ハッ?

にゃぁぁぁぁん

⊂( ・∀・)ワケ ( ・∀・)つワカ ⊂( ・∀・)つラン♪

 

っと、あっちの方向に走りだしたい気分満開ですが、

今日はお後がよろしいようなので、

ここらへんでしつれいをば。。。

 

(∩゚д゚)アーアーきこえなーい

 

人間はあまり失笑には耐えられないようだ。。。” への6件のフィードバック

  1. kemeko0809 返信する

    桶の修復にぐっときました。
    私は打楽器が好きなので和太鼓職人さんとか
    見ると萌え~です。

  2. K-granola 返信する

    ささみん (id:kemeko0809)さん。萌えちゃいますよねぇ。
    こういうものの継承に小さな形でも良いから携われればなぁって思ってはいるんですけどね。
    なかなか何が出来るか答えが見つからないんですよね。。。

  3. Yuri-La0x7z 返信する

    最初、全部おちょこやん!とかいうツッコミもそこそこに、ガッツリ読ませていただきました。
    私こういう物づくりの姿勢とか、考えたことなかったですねぇ。とにかく自分の美意識を満たし、かつ人が何かを得てくれればそれで…という、ザックリしたスタンスでやってます。

  4. K-granola 返信する

    ゆりら (id:Yuri-La0x7z)さん。口だけでげすよ。口だけで。(`ω´)グフフ
    おちょこ人間代表として、武装しないと(/ω\)イヤンて、なっちゃう弱い性ですね。

  5. tachib 返信する

    ジョブズのバリや型後に関する処理の執着はあとから作られた伝説かもしれないよ。
    だってうちのMac Proとか、取っ手みたいなところの面取りとかそんなに精巧じゃなくて、指で触ったらあからさまにわかる程度の仕上げなんだもん。
    とかいってみるテスト

  6. K-granola 返信する

    inali (id:tachib)さん。伝説は伝説で素敵なものじゃないですかね(´∀`*)ウフフ
    まぁ、それを生産者が言い訳にするのはむかつきますが、受け手としては態度で示すしかないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です