素敵な朝を迎えるために、出来ることはなんだろな。記憶と風化の積み重ねが人を大きくするのかも

f:id:K-granola:20130911124503j:plain

素敵な朝を迎えるために!

というのが、グラノーラ開発と並行して、

個人的にとても興味のあることで、このブログを始めるきっかけでもあります。

 

私にとっての素敵な朝というのは、

木漏れ日から差し込む陽光の様に、レースのカーテン越しに感じる朝の光と、

季節によっては鳥の囀りや、少し開いた窓から流れ込むひんやりとした風がもたらす、世界の音楽だったりします。

 

そして、カーテンをシャッと開けると、

澄み渡った青空と、目の前に広がるグリーンのカーペットが。。。

 

 

 

 

 

ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!

 

なんて、気持ち悪~い妄想をしたりするのです・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

 

 

と、冗談はこれぐらいにして、

記憶や歴史というものは時にとても残酷で、時にとっても大切なものとなって、

私たち一人一人にもたらされます。

ある人にとっては、その一瞬が生涯忘れられない出来事になったり、

ある人にとっては、日々消化するただの数秒でしかなかったりします。

 

そこに本質的な差は一切ないし、1秒は1秒であり、1時間、1日、1年も、

即物的価値観からいえば、その瞬間瞬間の意味に、比重の差なんて生じないわけですね。

 

だから、『私にとっての、あの日、あの時、あの瞬間』というのは、

あくまでワタシだけのモノであり、時には愛する恋人しかしらないモノだったりするわけです。

 

それは必ずしも共有するべきものでもなければ、

共有なんてできるものでもありません。

当事者にとっては、時間だけが、その事象を曖昧に変化させ、美化し、風化させ、

記憶や思い出となって、それぞれのワタシになっていくわけですね。

 

タイムマシーンのない現代、過去とは決して変えることのできない事実です。

催眠術やマインドコントロールによって、人為的に塗りなおすことはできるかもしれませんが、あの日感じたあの瞬間は、良くも悪くも覆い隠すものではないように思います。

 

 

2001年9月11日

ワタシには特筆して何かが起きたわけではありません。

でも、教科書に記載された年号ではなく、あの日起こった出来事は、

私の記憶に刻み込まれ、私の歴史になっていくのでしょうか。

 

忘れることでしか、解決できないこともありますが、記憶し、

そこから始めることでしか、変わらないことっていうのは、

たくさんあるように思います。

 

 

なぁんて、しんみりしちゃったらごめんなさいヾ(゚д゚;) ゴッ、ゴメン

 

だからこそ、1日1日を大切に、一度しかない人生、

一度しか始まらない今日の朝を素敵な朝にするために!

 

そして、今日1日を最高な1日出来るように! 

今日もグラノーラ作りに励むのです( ̄ー+ ̄)キラリ

 

今日の最高のいっぱいに♪ ダバダ~、バ~バ、ダバダ~♬って、

どこかのコーヒーのコマーシャルみたいにね(´・ω・`)

 

 

たまには、こんなことを書いてみないと、

やってられなくなっちゃいそうな、情緒不安定なわたしなのでした~v( ̄Д ̄)v イエイ

 

明日からは、たぶんまた、元に戻りま~す。

 

戻らない方が良いとか言わないでくださいね(∀`*ゞ)テヘッ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です