野菜の食べ方 インフォグラフィックスって難しいな

 

 

f:id:K-granola:20150527165844g:plain

 

 

( ノ゚Д゚)ヨッ! っと、今日も元気にお仕事報告(´∀`*)ウフフ ネタがないからっていうんじゃないのよ’`,、(‘∀`) ‘`,、 先日記事にした内容を、そのままイラストにして、ブログもwebサイトも出来ちゃうって一石二鳥な事ができるのが、この“開発日記”というタイトルの所以゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+. まぁ、グラノーラは関係なくなってますが(*_*; ということで、前回からのおさらい。

 

ポリフェノールやリコピン、カロテンなどのフィトケミカルは、野菜の細胞の中にあり、かた〜い細胞壁(セルロース)に守られている。というのがわかるかなぁ。。。ということで、上のイラストを書いてみました。

 

 

 

f:id:K-granola:20150527170529g:plain

 

そして、かた〜い細胞壁に守られているから、生のまま食べても60%はみんなが大好きなあれになってでていっtyブフッ∵(´ε(○=(゚∀゚ ) 40%しか吸収できないそうです。。。

 

なので、その細胞壁を壊さないといけないのですが、その壊し方はバイタミックスのような超微細粉砕機の様な器具を使うか、加熱しなければいけないそうです。で、それらは、

 

f:id:K-granola:20150527171014j:plain

 

加熱調理することで、細胞壁が溶け、生で食べる10倍〜100倍まで吸収率が上がるっていうことらしいんですね〜(´∀`*)ウフフ ペタペタイラストを貼っただけですが、なんだか少しやったった感を個人的に味わえたので、今日のところはこれぐらいで。。。

ε≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡≡ヘ( ´Д`)ノ

 

活性酸素と野菜の力 (21世紀の健康を考える)

活性酸素と野菜の力 (21世紀の健康を考える)

 

 

野菜の食べ方 インフォグラフィックスって難しいな” への4件のフィードバック

  1. hidamaritoame 返信する

    教科書みたいでわかりやすい。
    気の利いた図解って難しいのに
    さすがに上手ですね。

  2. ricoteas 返信する

    「FLESH」 → 「FRESH」。
    間違い探し的ネタ振りもありな、でしたっ。

  3. K-granola 返信する

    ひだまりねこさん
    もうちょっと情報を詰められるようになればよいんですけどね〜(´∀`*)ウフフ
    難しいけど、面白いですね!
    ひだまりねこさんはもっと上手そうだから、ちょっとあげるのに躊躇します^^;

  4. K-granola 返信する

    リコさん!
    (/ω\)ハズカシーィ 英語って難しいですね゚+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.
    お気づきの点ございましたら、ビシバシ教えてくださいませ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です